恵比寿×MUEbelle>技術>ヘアケア>夏では遅い!以外と高い5月の紫外線! 髪の日焼け対策とケア方法☆

夏では遅い!以外と高い5月の紫外線! 髪の日焼け対策とケア方法☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏では遅い!以外と高い5月の紫外線! 髪の日焼け対策とケア方法☆

日焼けなんてまだ早過ぎると思ってませんか??
そんな事ないんです!
皆さん油断しがちですが5月は以外と高いのです!
最近、暖かくてお天気の良い日なんて危険です!笑

3月頃からどんどん紫外線が強くなっていき5月頃にピークになって6月の梅雨時期は少し落ち着きます。
夏頃から皆さんケアをし始めると思うのですが、この時期は油断していますよね!

女性はお肌のケアは皆さん気にされて、しっかりされていると思いますが髪の毛は体の中でも1番上にあるのでダイレクトに影響を受けています。
髪の毛はなんと!お肌の5倍も紫外線に当たっているのです!

よく夏に髪の毛のダメージをご相談されることがあります。
様々な要因が組み合わさっていると思うのですが、その中の一つにこの時期の紫外線対策が甘かった事があげられます。
影響を受けてしまった直後よりも忘れた頃の夏ぐらいに影響が出てきたり、気になりはじめる方が多いように思います。

なので、この時期のケアは大切です!!
早いと思わず、今からはじめましょう☆


では、どんな対策をしていけばいいのか??

・UV加工の日傘
遮光率が高く、遮熱効果のあるものがオススメです☆
女性の方はお持ちの方も多いと思いますが、最近では雨用と日傘の晴雨兼用の折りたたみ傘があるので常備しておくと安心ですね!

・帽子
紫外線の透過率の低い黒などの濃いめの色味がオススメですが

さすがに夏場は暑い!
見た目も重くみえる!

そんな方は
UV加工がしっかりされているタイプ
もしくは
ハットなどの全方位にツバのあるもの。
なるべくならツバの広いタイプの方がカバーしてくれる範囲が広いのでオススメです。

ストローハットなどは通気性が良いのが利点ですが紫外線からの保護の点から言えば、編み目が細かくしっかり編まれた隙間のないものを選びましょう!

・分け目を変えたりヘアアレンジをする。
いつも同じ分け目だと紫外線の当たる部分も一か所に集中してしまいますので、髪の毛もそうですが頭皮にも影響が出てしまいます。
以前もお伝えしたのですが紫外線の影響で白髪や薄毛の原因にもなってしまいますので、気をつけて下さい!

髪の毛を完全におろしたダウンスタイルは全面的に紫外線を受けている状況なのでお団子などの髪の毛の出ている面積が少ないスタイルは特に紫外線予防としてオススメです☆



・UVカットのスプレー、ミルク、オイルなどケア剤を使用する。

こちらのオイルとミルクはお風呂上がり洗い流さないトリートメントと同じ要領でタオルドライの後につけて乾かすので、ケアと保護を同時にしてくれるのでオススメです☆

次の日、太陽にあたりはじめてからの効きが8時間という事なので、日常の生活紫外線でしたら、コチラだけでもOKです。

海やリゾート地に行くなど、紫外線の影響が大きい場面ではこれに更にUVスプレーをして頂けると効果が高くなります。

ただスプレーは汗や海などの水分によって落ちやすかったり、持続性は強くないと思うので長時間の屋外でのレジャーなどは付け直すようにしましょう☆

潤いのあるキレイな髪の毛をキープする為に、日頃のケアをはじめましょう!!


suna

suna

Written by:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sunaは、こんな記事も書いています。

  • フレンチシックな抜け感パーマをレングス別で紹介!可愛くなりたい女子は必見!

    フレンチシックな抜け感パーマをレングス別で紹介!可愛くなりたい女子は必見!

  • 本当にあってる?? 髪の毛をいつもサラサラに保つ為のヘアケアの見直し☆

    本当にあってる?? 髪の毛をいつもサラサラに保つ為のヘアケアの見直し☆

  • 1月の定休日のお知らせ

    1月の定休日のお知らせ

  • 12月の定休日のお知らせ

    12月の定休日のお知らせ

  • 11月の定休日のお知らせ

    11月の定休日のお知らせ

  • 10月の定休日のお知らせ

    10月の定休日のお知らせ

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2019 MUEbelle All rights reserved.

"