恵比寿×MUEbelle>イメージ>フレンチシック>直毛さん、必見!! フレンチシックな抜け感パーマで女子力UP☆

直毛さん、必見!! フレンチシックな抜け感パーマで女子力UP☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
直毛さん、必見!! フレンチシックな抜け感パーマで女子力UP☆

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。

外国人風の柔らかな質感の髪型は日本人からすると憧れですよね!

特にフランス女性の髪型はシンプルなのにオシャレに見える、なんだかこなれた感じに見える!と思われる方が多いのではないでしょうか?


なんでフレンチシックなスタイルはオシャレ感が出るのでしょう?


それは無造作感!

作り込み過ぎない、ラフに崩す!

キッチリまとめすぎていないのでこなれた雰囲気が醸し出されているのではないでしょうか?


これは意外と直毛さんの多い日本人にもマネしやすいですね☆


ただやはり、欧米の方に比べて髪質にハリがあり、硬いアジア系の方には同じような雰囲気を出すにはパーマが必要になってくるのではないでしょうか??


昔にパーマで失敗してしまったり、今までにかけた事のない方もいらっしゃると思いますので、パーマにはどんな種類があるのか、どんなパーマをかけたらいいのか??

をお伝えしていこうと思います!


パーマの種類

【コールドパーマ】

ロットに髪の毛を巻いて、2種類のお薬を付ける事で形を形成していきます。


根元からかける事が出来るのでボリュームを出したい、立ち上がりが欲しい!という方や、細かいウェーブ感が欲しい!という方に向いています。

長さがロングの方は髪の毛の重さでウェーブ感がゆるく伸びて見えやすかったり、ご自身でのドライヤーの際にウェーブを伸ばして乾かしてしまいやすいので、初めてパーマをかける方はスタイリングが慣れるまでは難しいかもしれません。


【水パーマ】

コールドパーマと同様、ロットに髪の毛を巻いて2種類のお薬を付ける掛け方です。

専用のスチーマーからナノの単位まで細かくなった水の粒子をスチームで当てて、キューティクルを広げてかけていきます。

スチームの力でキューティクルが開いてお薬が浸透しやすいなるので髪の毛の負担を少なく出来ます。

優しくかけられる分、かかりが緩やかだったり、取れるのが少し早めになりやすいです。


【コスメパーマ】

こちらもコールドパーマと同様のかけ方ですがコスメパーマの違いはお薬の種類です。

化粧品登録されているもので作られているので、通常より薬剤の成分がマイルドで優しくなるので、髪の毛に対する負担も少なくなります。

パーマ独特の匂いも少ないです。

コールドパーマ、ホット系の熱を使うパーマ、どちらのパーマもコスメのお薬が使用出来ます。


【デジタルパーマ】

コールドパーマと違うところは専用の機械とロットを使って熱を加えながらパーマをかけていきます。

熱を加えているのでパーマのかかりが悪い方や、すぐに取れてしまいやすい方に向いています。

持ちが良いのも特徴です。


従来のデジタルパーマは痛むと言われ、敬遠させてきた方も多いと思いますが、最近は薬剤の進化により負担が少なくかける事も可能です。

従来のデジタルパーマは高温で時間も長めにおくので持ちはかなり良いです。

負担はあるので頻繁にはかけられないですがアイロンで巻いたような感じを乾かしただけで出したい!と言う方には向いています。

乾いた時に1番クルンとしたカール感が出やすいです。


デジタルパーマの中でもコスメ系のお薬を使うタイプは温度が低めに設定でき、時間も従来のデジタルパーマよりも短くかけられます。

最近はお薬も、成分の大半がトリートメント成分のものもありますので髪の毛に優しくかけられるようになりました。

従来のデジタルパーマよりは若干緩やかウェーブ感になり、ナチュラルなパーマの質感が楽しんで頂けるのではないでしょうか?


個人的にフレンチシックなパーマを再現するのに向いており、髪の毛の負担も少なく事から皆さんに挑戦して頂きやすいパーマなのではないかと思います。


では、

フレンチシックに近づくパーマをレングス別にご紹介していこうと思います。


【ロング】

重めのAラインシルエットのベースにしっかりめにパーマをかけてほぐす。

プラシをとおしてもOK


フレンチシックなクセ毛風パーマは最近流行りのウェットな質感に仕上げるのもツヤ感があり素敵ですし、ほぐしてドライな質感もこなれた外国人風の雰囲気が出るので、どちらの質感もオススメです。

その日の気分やお洋服に合わせてスタイリングを変えて楽しめますね!

ウェーブ感をしっかり出すとボリューム感があり華やかな印象に。

大きめのカールが女子力を上げてくれます。

ダークカラーには大きめカールが立体感、抜け感を出して軽やかでヘルシーな印象もプラスしてくれます。

【ミディアム】

細かめのウェーブ感と立ち上げバングで媚びないけどフェミニンな印象のパーマです。

細めなパーマはロングだと印象が強くなり過ぎてしまいやすいですが、ミディアムレングスは絶妙なフェミニンさを演出してくれます。

甘くなり過ぎないのでファッションなどのテイストが辛口さんに向いているフレンチシックではないでしょうか?


ミディアムレングスは重くなり過ぎず、アレンジもしやすい長さなので日によってスタイリングを変えたりアップにされたりする方にオススメの長さです。


【ロブ】

ロブとは長さの長いロングなボブの事で、こちらもアレンジやアップにしやすい長さでスタイリングも色々楽しめます。

ストレートベースの外ハネのスタイリングはアクティブな印象やクールな雰囲気を感じさせます。

毛先を中心にクルンとしたカール感を出して眉上の短い前髪にもパーマをかけてあげるとフレンチシック感満載の柔らかな優しい印象になります。

可愛らしいベビーバングは前髪に厚さが欲しい方やオデコが広めで嫌だなという方には是非試して頂きたい前髪です。

【ボブ】

毛先を中心にパーマをかけるとAラインの低い位置にボリュームがきてフレンチボブをより可愛いく引き立ててくれます。

ボブのスタイルは髪の表面の長さが長い為、重い印象になりやすいので、パーマで動きを足してあげたり、カラーリングをグラデーションカラーなどにすると立体感を出しやすく、エアリーな雰囲気を作りやすく、フレンチシックに近づきます☆


より動きを出したエアリーなフレンチシックボブ

前髪長めのボブにSカールの重なりで柔らかい抜け感とアンニュイな大人な雰囲気に。

カラーリングも柔らかい明るめの色味の方がより軽やかさが出てオススメです。

【ショート】

フレンチシックなショートスタイルを作るのには、やはり緩やかに動きのあるパーマが向いています。


前髪を長めに残しているので少年ぽくならずに女性らしさを感じさせるショート。

ニュアンスパーマをかけてボリューム感を調節することでフレンチシックな雰囲気に。

ショートレイヤーにもボリュームを出す部分と流す部分を作って動きのあるパーマをプラス。

ハイライトなどのデザインカラーを加えると更に立体的なショートになり、よりオシャレな印象になりますね。


フレンチシックなパーマはスタイルチェンジにピッタリです☆

この春に是非取り入れてみてはいかがでしょうか??

suna

suna

Written by:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sunaは、こんな記事も書いています。

  • 直毛さん、必見!! フレンチシックな抜け感パーマで女子力UP☆

    直毛さん、必見!! フレンチシックな抜け感パーマで女子力UP☆

  • 本当にあってる?? 髪の毛をいつもサラサラに保つ為のヘアケアの見直し☆

    本当にあってる?? 髪の毛をいつもサラサラに保つ為のヘアケアの見直し☆

  • 1月の定休日のお知らせ

    1月の定休日のお知らせ

  • 12月の定休日のお知らせ

    12月の定休日のお知らせ

  • 11月の定休日のお知らせ

    11月の定休日のお知らせ

  • 10月の定休日のお知らせ

    10月の定休日のお知らせ

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 MUEbelle All rights reserved.