恵比寿×MUEbelle>カラー>アルカリカラーの特徴と、髪が染まる仕組みを分かりやすく解説!!

アルカリカラーの特徴と、髪が染まる仕組みを分かりやすく解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
アルカリカラーの特徴と、髪が染まる仕組みを分かりやすく解説!!

アルカリカラーについて

ヘアカラーにもたくさんの種類がありますが、今回は、アルカリカラーについて解説していきます!!

アルカリカラーとは、いわゆるファッションカラー(おしゃれ染め)や、グレーカラー(白髪染め)の事で、髪の毛を明るくさせながら、色味を発色させて染める、毛髪染料になります。

アルカリカラーで髪が染まるメカニズムとは?

アルカリカラーは、1剤と2剤という2種類の薬を混ぜ合わせて使用します。

1剤の主な成分は酸化染料とアルカリ剤。

2剤の成分は過酸化水素水(酸化剤)です。

この1剤と2剤を混ぜると、一剤のアルカリ剤が髪の毛表面のキューティクルの隙間を広げて、髪の毛内部に浸透していきます。

すると、髪の毛の内部で化学反応を起こし、酸素を発生させます。この時に髪の毛のメラニン色素を壊して、髪の毛を明るくすると同時に、酸化染料が発色します。
発色した酸化染料の分子同士が合体することによって大きな酸化染料になり、キューティクルの隙間よりも大きくなるので髪の毛内部に留まります。
こうして、ヘアカラーの色が髪の毛に定着して染まります。


アルカリカラーの仕組み

図を見ながらおさらいです。

①カラー剤をつける前の状態


塗布前の髪の毛は、キューティクルが閉じていてメラニン色素が濃い色で存在している。

②薬剤塗布


1剤と2剤を混ぜ合わせて塗布すると、
1剤中のアルカリ剤がキューティクルを開き混合液が髪の毛の内部へ浸透する。

③カラー剤塗布後に放置


1剤のアルカリ剤によって2剤の過酸化水素水を分解し、酸素を発生させる。発生した酸素がメラニン色素を脱色させて、同時に発生した酸素によって染料を発色させる。酸化染料の出来上がり。

④染料の定着


小さな酸化染料の分子同士が合体し、元より大きな染料になる。大きくなった染料は、キューティクルのすき間から出られなくなり髪の内部に閉じ込められて色が定着する。


以上がアルカリカラーで髪の毛が染まるプロセスになります。

篠原 聡

篠原 聡

Written by:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

篠原 聡は、こんな記事も書いています。

  • マニックパニック、カラーバターとは?

    マニックパニック、カラーバターとは?

  • ヘナカラーについて。

    ヘナカラーについて。

  • 酸性カラー。ヘアマニキュアの知識。メリットとデメリット。

    酸性カラー。ヘアマニキュアの知識。メリットとデメリット。

  • ブリーチカラーの特徴。髪を明るくするときに知っておくと良い事!!

    ブリーチカラーの特徴。髪を明るくするときに知っておくと良い事!!

  • 低アルカリカラーとは?低アルカリカラーの優しさと重要性と使用上の注意点!!

    低アルカリカラーとは?低アルカリカラーの優しさと重要性と使用上の注意点!!

  • アルカリカラーの特徴と、髪が染まる仕組みを分かりやすく解説!!

    アルカリカラーの特徴と、髪が染まる仕組みを分かりやすく解説!!

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス